光陽無線株式会社 | 情報システムと通信・ネットワーク技術の提供

光陽無線株式会社

安心・安全の社会環境を目指して 50th ANNIVERSARY
092-593-6861
営業時間/8:30〜17:30

KOYOのひと

KOYOのひと

システム事業部 事業部長

蒲地 武志

入社歴16年目

なぜ光陽無線がお客様から選ばれているか
 お客様から選ばれている理由は主に2点あると思います。
1つ目は、
 システムの提案や構築を行う時には、私どもの今まで培った物づくりの経験に基づいて可能な限りお客さんの要望に対応するようにしているという点です。私達は、弊社の都合でシステムの納入を行っていません。どのようなシステム設計をすれば防災対応時に使用しやすいのか。その事を常に念頭において仕事をしています。
2つ目は、
 システム障害や懸念が発生した場合、即時に対応する事です。我々が基幹事業としているのは、防災システムのインフラ保守やシステム構築です。万が一の災害に常に備え、迅速に対応する事により、これからもお客様に安心を提供していきたいと考えています。
仕事のやりがい

 私は主としてSE的な分野が得意ですが、お客様のところに伺い、交渉や商品の説明、提案などの営業的な部分も担当します。一人で何でもこなさなければならない職場と言えますが、担当者が納品まで全てに関わりますので、何か不具合や問題が起こった時の対処もスピーディーに動けます。
 また、会社の基幹事業となっている防災や無線技術などは、現代社会においてなくてはならない技術だと言えます。それを、私達光陽無線が提供する事で、社会貢献出来ている実感があります。同時に、大きな責任を負う事で自己研鑽にも繫がっています。「ひとから必要とされる仕事」という面に、喜びや、やりがいを感じています。

光陽無線の好きなところ
 大家族主義である事。トップは社長から下は新入社員まで光陽無線は30人足らずの小集団です。その中で、弊社の社長は京セラの稲盛会長の哲学である「大家族主義で経営する」を実践しています。仕事で忙しい時、困難な問題に直面した時は助けあい、成功した時は喜びを共有し、良い事は褒め、悪い事に対しては厳しくしかりながら、仕事も人間としてもお互いに切磋琢磨しながら、ひとの心をベースとした経営を行っていると思います。
  • 前のKOYOのひと
  • 一覧に戻る
  • 次のKOYOのひと

採用エントリーはこちら